スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかし





 やはり大みそかになりました。
 恒例の何やら持論を語らしてもらいます。


 結局のところ挑戦というのは一つの行為であって、別に特別なものでも何でもなく、ただ普通に生活していくうえであり得るべき行為である。たとえば人が○○したい。~~したいと言った時は、その行為をいかにしてうまくするか、効率よく自分の○○や~~として大成させるかを考え実践することが挑戦である。人が挑戦するとき、何がしかリスクや、無駄ができてしまうのは、自分がそれに対してまだ精通しておらず、効率のよさを身につけていないからであって、それをたんたんとこなせるようになったら私のいうリスクなどはないのであって、しかしそれであってもリスクを生じさせてしまう人間の性である。
 人間として生活していく中で、我々はいくつもの事実に直面する。その事実というものは決して我々は覆せず、普遍的に世の中に広まっている事象であって、それから眼を背けることはだれにも可能であるが、事実を不認し、逃避することは不可能である。俗世間では「現実逃避」なる言葉がよく使用され、私たちもその言葉の恩恵を買っているものである。事実からは逃避不可能で、現実からは逃避可能なのである。現実と事実とは何なのだろうか?現実はあくまで現実。結局のところ「今自分が置かれている状況」=現実なのである。ということはつまり、therefore、その状況は努力次第で打破できるのである。事実は、多くの人の頭の中に「事実」として君臨しており、そう焼き付いてしまっているのである。結局のところどちらからも容易には逃げられない。
 それと挑戦はどう関係があるのか。
 できれば自分でも考えてほしいのだが。
 挑戦という言葉がある事実と、その行為が必要である現実。この相対性とかみ合い方によって我々人類の挑戦行為は成り立ち、それが成功あるいは失敗を拱く。人類は常に挑戦し続けてきた。火を使い言葉を発し・・・。
 人類の行動の中のすべての挑戦が現在の我々を作り出しているその現実。しかしそれは現実でありながら事実である。
 現実と事実がすべての一致を来し、この世に君臨した時、それが「今」すなわち「時代」になるのである。






 よいお年を。




 



 コメヘン
 >>おもあ
 俺も好きはーと


 >>のぞにゃん
 なんか違った気がする
 密着警察なんちゃら・・・(´・ω・`)




 自由人

コメントの投稿

非公開コメント

いきなりなかなか難しいことを考えますのぅ
挑戦のはじまりってちょっとした思い付きやひらめきだよね
それもなくちゃ
ちなみに現実逃避は悪いことじゃない
そもそも悪いことなんてない
仮に殺人でもね

ごめん理解力なくて
全く別に解答してるかもしれないw
オレタチ

けずまる

Author:けずまる
Author:ChEs


age:16
man

Skype:aniki-ches
MSN:ches-not.yatsu(at)hotmail.co.jp


自由人

最近の記事+コメント
かてごり
月別アーカイブ
バロメーター
ついったー
検索フォーム
アクセスカウンター
来てくれた人ありがとう
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。